攻略法

テキサスリグとラバージグの違いと使い分け。使いどころ考察!

底物としてずっと昔から使われいるテキサスリグとラバージグの違い、使い分けの記事を書いていこうと思います。

皆さんはこの二つの使い分けってしてますでしょうか?
気分で使い分けしている人もこの記事を読めば少しは考え方が変わるのではないでしょうか。

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

私はテキサスとラバージグの2つを使い分けています!二つを使い分ける事で釣果の違いやメリットを上手く利用できているように感じています。

ラバーがあるのがラバージグでしょ?って思う人も多いと思いますが
もっと詳しく違いを解説していきます!

最近出た個人的におすすめのジグがありますので、それも紹介しようと思います。

なにかのヒントになれば嬉しいです。

テキサスリグとラバージグの違いや使い分けは?

よく聞くのは基本は楽だしラバージグを使って
濃いストラクチャーなんかは、すり抜け重視のテキサスでしょ?こんな方ですね。

確かに間違ってはいないと思います。
じゃあラバージグじゃなくてテキサスのみでいいじゃないか。という声も聞こえてきますよね。

そこで今回は

テキサスに出来てラバージグに出来ない。
ラバージグに出来てテキサスに出来ない。

そんな違いを個人的主観で書いていこうとと思います。

ラバージグの特徴

まず見た目の違いとして大きな違いですがラバージグですね。このラバージグにはラバーという物が付いています。テキサスリグはラバーは付いていません。

見た目での大きな違いはこんなもんです。

あとはリグるスピードがテキサスに比べて早い。

他にはテキサスリグにはシンカーがついていて、ラバージグはジグヘッドにラバーがついているリグという形の違いがあります。


このラバージグはジグヘッド(重りがフックについている)という事。
これが何を意味するかというと、フックとヘッドが固定されているので、姿勢は平行をキープしやすいですがワームに自由度が無く、着底時の姿勢もラバージグの形、アイの位置で固定されることになってしまうんです。

こんな感じでラバージグによってさまざまですが、ボトムについた時の姿勢は固定されてしまいます。

ラバージグは障害物の中でもフックが上を向きやすくワームが水平を保てることが多いです。
このためテキサスリグよりもフッキングが決まりやすいのが良い点ですね。

ラバージグの良さは他にもラバーにあると私は考えています。ラバーは水中で自発的アクションでゆらゆらしています。

ラバージグのラバーを外したらヘッドの形の違うただのジグヘッドでしょ?って話です。ラバーの力はかなり大きく、デカバスを呼んできてくれるパーツと言えるでしょう。

ラバーの種類

ラバーに力があるとお話しましたが、ラバーにも特徴があります

ラバーにも種類がありファインラバー、シリコンラバーと二種類あります。
違いをおおまかに説明すると。

ファインラバーの特徴

  • 細身で少しの水流の動きで反応し動く
  • 水の抵抗が少ない
  • 劣化しやすい

シリコンラバーの特徴

  • 劣化しにくく扱いやすい
  • フォールスピードが遅い
  • カラーが豊富
  • アピール力が強い(水押しが強いため)

私はいつもシリコンラバーを使っています。

ラバージグではアピール力重視の釣り方もかなりできて

このシリコンラバーのアピール力を利用してフォール時と巻き取り時はラバーが小さくなり、着底後はラバーが開きます。

このラバーがモワァと広がる時のバイトも多いと感じますし、デカバスに効くと言われているのもこ着底後にラバーが自発的に広がる動きがあるからだと思います。
もちろん着底時のみでなくズル引いた後もモワァとラバーが広がります。

テキサスリグはこの動きはなく着底後自然の動きはほぼなく、自分でワームを操作するのが基本になります。

ラバージグはワームが固定されていて、自由は少ないがラバーがあるおかげで、テキサスにはない動きを出せているという事です。

テキサスリグの特徴

テキサスリグにはバレットシンカーと呼ばれるシンカーをつける必要があります。
※形状に関しては基本のバレッドシンカーという事で説明しています。
このシンカーは非常に回転しやすくフォール姿勢にラバージグとの差が出ます。

これは良くも悪くもラバージグよりもフォールに関して、ボトムの着底姿勢が回転したり自由に動きます。

フォールスピードはラバージグに比べて早くストラクチャーに対してストンと落とす事ができる。

このジグの良さはフォールスピードと障害物に強く、ラバージグより中に入れやすいという事で、この点を踏まえた釣り方で言うとやはり撃ち物という事ですね。

おっかぱり、ボート含めてカバーを撃って回収するような釣り方。
ウィードの中を釣るような釣り方。ドンピシャでこのリグが合っています。

ラバージグではストレスになる、フォール後のアピールで食わすのではなくフォールで食わすような釣りにはテキサスリグが有効ということです。

テキサスリグは根掛かりも極めて少ないリグです。回収力の高さ。
これがどういう事かと言うと、根掛かりしないという事はテンポよく探れる訳です。
これによりキャスト数も増えるので釣果にも直結します。

もちろんロストはストレスにもなりますが根掛かりしにくいテキサスはロストによる
ストレスになる事も極めて少ないという事です。

スナッグレス、ジョイントラバージグ

このジグはデプスから発売されている新しいジグ。スリップヘッドジグです。

このジグの特徴はヘッドとフックがラバージグのような一本物のジグヘッドのような形ではなく
ヘッドとフックが別になっているという事。

これにどんなメリットがあるのかというと、ヘッドが着底してもワームは自由に動いてトレーラー本来の動きを妨げることなくアピールができる。
もちろんラバーがあるのでラバーの動き強いアピール力も健在です。

デメリットはラバージグにも共通するがすり抜け性能はテキサスに劣る。
個人的な使い方としては真ん中に位置しているかなと思います。

このジグではかなり発売からお世話になっていて、琵琶湖、野池どこでも使える優れたジグだと思います。店頭でみかけた場合一度買ってみてください!

結局どれがいいの?

分かりやすく使いどころを書いていきます。

フォールスピードの速さは

  1. テキサスリグ
  2. ラバージグ
  3. スナッグレスジョイントラバージグ

アピール力は

  1. スナッグレスジョイントラバージグ
  2. ラバージグ
  3. テキサスリグ

すり抜け性能は

  1. テキサスリグ
  2. ラバージグ
  3. スナッグレスジョイントラバージグ

食わせ力は

  1. スナッグレスジョイントラバージグ
  2. ラバージグ
  3. テキサスリグ

こんな感じですかね。個人的にスナッグレスジョイントラバージグが好きなので一番使用率が高いですが、スナッグレスジョイントラバージグは見た目の通りラバージグでもありテキサスのようでもあると思っています。どれか一個となればスナッグレスジョイントラバージグですが。

使い分けするときは使い分けします。

色々書いてきましたがスナッグレスジョイントラバージグはまだ広く使われていませんし
基本はラバージグとテキサスリグだと思います。

ラバージグを基本としてラバージグじゃ効率も悪い障害物に絡んでしまう。そんな時はテキサスリグでいいと思います!

まとめ

いろいろ書いてきましたが好きだから使う。これも間違ってないんですね。笑

メリットなどはもちろんありますがおかっぱりの場合このリグが組める竿は一本でしょう。
この記事を見て自分の使い方使うフィールドに合わせてもらえればな。と思います。

少しでもヒントになれましたでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。